ブランドについての情報をお届け

ブランドについて

 

カルティエの歴史

1847年にフランス人宝石細工師のルイ・フランソワ・カルティエがパリに開いたアトリエが始まりです。
1900年代に入って、彼の3人の孫達によって世界的なブランドへと駆け上がりました。
孫の一人ピエールはニューヨークへ進出、もう一人のジャックはロンドン、最後のルイはパリに店を構え、特に3代目当主となったルイはアール・デコ様式のジュエリーやファッション性の高い時計を作り上げ、カルティエの名声を高めた人物とされています。
またアルベルト・サントス・デュモンから飛行中でも操縦桿から手を放さないですむようにと依頼されてルイが作った腕時計は、【サントス】という名を付け今現在でも非常に人気が高いことでも有名です。また、1904年にはイギリス王室御用達に指定されました。
あまり知られていませんが、現在ではピアジェなどとともにスイスのコングロマリット、リシュモングループの傘下にあります。
尚、パリ開放を記念して販売されたタンクウォッチ(四角い形状で秒針なし)は最高級腕時計の定番としても知られています。

近年まで日本国内ではカルティエと言えば、革製品やライターのブランドと思われてきた部分がありましたが、これは日本代理店となった商社が比較的販売しやすい価格帯の革製品やライターをメイン商材として松坂屋名古屋店に売り場を開設したためであり、そのイメージが根付いてしまったからです。
また、2007年ミャンマー反政府デモの弾圧に対する抗議ではミャンマーの宝石原石取引を停止した経緯もあります。>

 

サントス

懐中時計全盛の1904年にルイ・カルティエの友人であったブラジルの飛行家アルベルト・サントス・デュモンが「飛行機の操縦かんから手を離さずに見ることのできる時計が欲しい」と言ったことから生まれた通称「サントス ウォッチ」。
サントス・デュモンは、より高くより速くをモットーに、例えどんなに失敗を繰り返しても決してあきらめることはなく、空への挑戦を続けた人物でした。

サントスは1911年の一般発売以来ほとんどそのデザインを変えていないスーパーロングセラーです。このサントスウォッチこそが世界初の本格腕時計とも言われており、カルティエ好きに知らない物はいないとまで言われています。

 

パンテール

この「パンテール」というのはフランス語で”豹”という意味を持ち、この時計のサイドラインは腕を伸ばした豹の姿を連想させる特徴があります。

そもそも、カルティエの代表的なアイコン的存在である豹モチーフのハイジュエリーが、3代目ルイ・カルティエの時代にハイジュエリー責任者だったジャンヌ・トゥーサンという女性によって広く世に広まったことがパンテールシリーズを生み出す発端になったと言われ今でもたくさんの人に愛され続けています。

その小さなフェイスはブレスレットとの一体感を出し、手首に美しく添う様はまさに芸術宝飾のようで色褪せることのない輝きです。

 

ロードスター

流線型の代表作とも言われる、スポーツカーをイメージしてデザインされたロードスターは、優美な流線型のケースとワイルド&スポーティーなイメージで、今までのカルティエにはない新境地を開拓したといわれているモデルです。

購入者自身でストラップを交換できることで、スポーティでありながら時にシックな表情も楽しむことができます。

また、非常に滑らかな印象のトワルストラップ、高級感あるレザーストラップはカラーバリエーションも豊富であり、様々な表情を見ることが出来、多くの女性が魅せられ絶大な支持を受けています。